レンブラントホールディングスの採用情報

■小巻公平氏が考える人材
社会から託された「人財」は、会社と共に地域社会をはじめ人々の生活に貢献する責任があると考えている小巻公平氏。社会でも会社でも1番大切な要素は人。より良い明日を築くこと、社会に求められる価値を創り提供することを信条としているそう。自分に何ができるかを自ら考え、知恵を出し、努力する。そして一人ひとりが心を磨き、切磋琢磨することによって、社会貢献を果たす「人財」を育てたいと考えているそうです。
今回はそんなレンブラントホールディングスの採用情報について紹介したいと思います。

■レンブラントホールディングスの採用
「事業再生・事業承継事業」「ホテル・レジャー事業」「不動産事業」の3事業を成長戦略の要としているレンブラントホールディングス。再生事業を視点にし、企業の経営体制の再構築や、営業面でのサポートなど、企業がそれぞれ抱えている課題を解決し、収益性や成長性を取り戻し、社会貢献できるよう事業再生・事業承継に取り組んでいくと共に今後の成長ドライバーとして国内外の展開を加速させていくそうです。

〇人をとことん伸ばす。だから事業も伸びる。
「人財を活かす」ことを徹底し、成功しているレンブラントホールディングスの人事制度は年功制ではありません。大事なのは個人のやる気とポテンシャル。学部学科・所属部署は関係あし。建前ではない公平公正を掲げ、再生先の社員を経営幹部に登用することもあるそうです。成果次第、行動次第で公平に人事考課を行います。誰もが目標を高くし、その実現に真摯に向き合える、青天井の人事制度を行っており、それが社員の大きなモチベーションになっているそう。新しい事業に進出しても、最高のパフォーマンスを発揮できる要因はその点にあるのだそうです。

〇事業をまたいだキャリアアップも応援。
ホテルのフロントで一流の接客術を学んだあと、飲食事業のマネージャーを目指すことも可能。不動産管理のプロからM&Aや事業再生のフィールドへ挑戦することも可能。その人が望めば、起業のチャンスをつかむことも夢ではないそうです。また、ひとつの分野で強みを磨き、その道のプロフェッショナルになることもできます。キャリアに関わらず、やる気がある人は積極的に登用。社員全員が主役になれる会社が、レンブラントホールディングスなのだそうです。

■まとめ
社会や人のためにサービスを展開しているレンブラントホールディングス。その事業に興味がある方は、ぜひ、サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。