レンブラントホールディングスとは

■レンブラントホールディングスとは
レンブラントホールディングスは、「ホテル・レジャー事業」「不動産事業」「事業再生・事業承継事業」の3つの事業を核として展開している企業です。「光と影の魔術師」と称えられた鬼才の画家レンブラントが名前の由来。その名の通り、利用者に光を当て、心温まるサービスを提供すること。そしてスタッフはその影として、利用者の見えない要望をくみ取り、最高のおもてなしを提供すること。それらの実現を目指し、日夜努力を続けているそうです。

■レンブラントホールディングスの社会貢献
「会社とは公の器である」
それが、レンブラントホールディングスの企業理念だそうです。
会社は誰かのものではなく、公のものであると考えるレンブラントホールディングス。顧客や会社に関わる様々な人々や地域があって、はじめて存在できるものが会社です。そのようして支えられている会社が、また社会の一部分を担っていく。そう考えると確かに、会社は公のものであると言えるでしょう。
また、会社は公のものとして、社会から色んなものを託され、預かっているそうです。例えば、従業員という「人財」。不動産や設備、原材料といった「資源」。それらを取得するための「財産」。会社は、そういったものを社会から預かるための器なのだと言います。
それらを大切に育て、成長させ、さらに価値あるものにして社会に返す。レンブラントホールディングスは、それがよりよい明日を築いていくと信じ、社会貢献として取り組んでいるそうです。

■レンブラントホールディングスの人財育成
「会社は心を磨く場である」
社会において、会社において、もっとも重きを置くべき要素は「人」だと考えているレンブラントホールディングス。社会から託された「人財」は、会社と共に、地域社会や人々の生活に貢献する責任があるのだと言います。よりよい明日を築くこと、社会に必要とされる価値を創造し提供することを信条として事業活動しようとする時、求められるのは、社員ひとり一人が、自分に何ができるかを考え努力し、知恵を出すことでしょう。そのためにレンブラントホールディングスでは、本気・本音・本腰で取り組める環境を整備し、仲間同士で支え合っています。
仕事を通じて、一人ひとりが心を磨き、切磋し、琢磨することにより、社会貢献を果たす「人財」を育てることのできる会社を目指しているそうです。

▲PICK UP小巻公平 (こまきこうへい)| 社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。